いま、何のためにブログを書き続けるのか。


スポンサーリンク

自分が文章を書くとき、特に頭の中を整理をしていない。

ふと頭に浮かんだワードをそのまま文章に写し出している。

思考をそのままコピペしているイメージ。

 

 

 

これがアフィリエイトであるなら、最悪な文章だ。

まとまりがなく、何を言っているかわからない。伝えたい要点が、すぐにわからないので、読み手は余計な時間を割くことになる。

 

 

 

 

でも、これはアフィリエイトではなく、ブログだ。

何を書こうが、自分の勝手。

 

 

ぼくは今のスタンスが合っているらしい。

このブログを書いているのは、お金を稼ぐためにやっていることではないからだ。

 

 

何のために記事を残しているのかというと、自分が考えたその時の思考を、そのまま投写することによって、未来の自分へのメッセージとしている。

 

 

 

いま、何を考えているのか、なぜそう考えているのか。

 

 

 

その時の感覚や、直感をそのまま書き出すことで、自分の中でどういった変化が起きているかわかるわけだ。

 

 

 

1年後、あるいは10年後に今書いているブログを見たときに、「なんなんだこの文章は」って思うだろう。

変な話、それを期待して書いている。

 

何をバカなことを言っているのか、支離滅裂でやばいな…って思うんだろうけど、そう思えるっていうことは、未来の自分が今よりも思考のレベルが上がっているという確証だ。それを得るために、書いている。

 

 

 

ただし、そうは言っても、面白いことにこのブログにもしっかりと収益がでている。

お金儲けのために書いているわけではないのに、自分の思考を発信していることで、それを見てくれる人がいる。

 

そこに広告費として、小銭程度はあるんだけど、毎日着実に利益を生んでくれている。

 

 

こんなブログでも、覗いてくれる人がいる。それが何よりも嬉しい。

それが励みとなって、書き続けることができているということも事実である。

 

 

これからも自分のために、そして読んでくれる人の方のために、ブログ書き続けていきたい。

 

 

 

 

 

 

たまに小休止もいれながら…w



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒。某大手製薬メーカーに営業職として入社。地域医療への貢献、大学病院から全国への医療機関への製品波及に携わる。どん底からのV字復活や、営業成績全国1位など数々の賞を受賞。2017年に新しい生き方を模索するために、福岡県大牟田市の地域おこしに参画。主に「若者×地域×未来」のキャリアを描く仕組みを創るため教育事業プロジェクトを始動し、現在に至る。