都会の満員電車ほど恐ろしい空間はない。


スポンサーリンク

田舎まちに暮らしていると、人混みに遭遇することはほぼない。

夜20時以降になれば、道路は閑散としているし、初心者ドライバーの人にとっては安心して運転できる場所だと思う。

(ただし、強引なおばちゃんや老人が飛び出してくることがあるので注意w)

 

 

新しくスーパーがOPENすると、駐車場や周辺の道路は渋滞するのが、また田舎らしくてイイ感じである。

 

 

 

そんな生活に慣れてしまうと、都会がこわくなってくる。

特に満員電車なんて、本当にこわい。

 

 

知らない人ってだけでも恐いし、しかも知らない人とありえないくらい密着させられ、挙句の果てには臭いなんて最悪だ。

 

少し外出するだけで、あれほど他人と密着しながら移動となると、一日の中で最も疲れる時間帯だと思う。

飲み会終わりの終電なんてすごいよね、まじで吐ける。

 

 

 

 

 

そして、なにより一番恐れないといけないのは犯罪者だ。

 

満員電車なんて痴漢常習犯にとっては夢のような空間だろう。

興味のある女性に近づいていき、あとは自然のように密着すればいいのだ。多少のお触りであれば、特に気づかれることもないだろう。

 

鼻息荒くて、指・手首、腰が動きだしたらアウトだが、そんなヤツはさっさと捕まってくれ。

 

 

 

何が言いたいのかというと、自分の家族(妻、将来の娘)がそういう現場に遭遇する可能性が高いということだ。

 

こればっかりはどうしても防ぐことができない。

妻や娘が外出するだけで怯えないといけない。

 

 

 

 

 

これだけでも最悪なのだが、痴漢よりも恐れないといけないのは、通り魔だ。

 

あんなに密着した中で、どうしたら通り魔から逃げられるというのか。

 

 

 

いきなりツバをかけられるかもしれないし、暴れて殴られるかもしれない。

そのまま、ナイフで刺されたら終わりだ。

 

ナイフで刺しながら、腰を振ってくる狂人だっているかもしれない。

どうやっても阻止はできないだろう。

 

 

 

 

世の中は、変な人がたくさんいる。

TVのニュースだけの話では毎日殺人が起きている。

つまり、世の中は犯罪者予備軍の人たちが溢れかえっているのだ。

 

 

 

今日も満員電車で犯罪者予備軍と密着していたかもしれないし、考えるだけでも本当におそろしい。

 

 

通勤や通学で使いざるを得ない交通手段ではあるものの、極力避けた方がいいのは確かである。

 

 

急に言われてもどうすることもできないんだろうけど、

常に、そうした危険性が孕んでいることは意識した方がいい。

 

そして、出来るだけそういう空間には居合わせないよう努力しよう。

引っ越すなりなんなり、いくらでも回避方法はある。

 

 

 

 

 

さて、今週末は東京。犯罪者から家族を守ります。

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒。某大手製薬メーカーに営業職として入社。地域医療への貢献、大学病院から全国への医療機関への製品波及に携わる。どん底からのV字復活や、営業成績全国1位など数々の賞を受賞。2017年に新しい生き方を模索するために、福岡県大牟田市の地域おこしに参画。主に「若者×地域×未来」のキャリアを描く仕組みを創るため教育事業プロジェクトを始動し、現在に至る。