4th MTG【大牟田市高校魅力化プロジェクト】 地域おこし協力隊 活動ブログ


スポンサーリンク

先日の8月7日(火)、大牟田市高校魅力化プロジェクトの4th MTG(第四回会議)を実施しました。

今回は、高校魅力化サイト「こぷろばい」の中身を決めました!

 

こぷろばいとはなんぞや?

 

COPROという造語に、大牟田弁の「〜ばい」をくっつけたことが由来です。COPROに含まれる具体的な意味について、今回話し合っていますので、どうぞ読み進めてください。

 

会議の様子はこんな感じ。前回同様、円卓会議となっています。第4回目となると、だいぶ同じ学校以外のひとたちの交流が増えてきました。いい感じにリラックスしています!

 

そもそも、なぜ高校魅力化サイトをつくるのか?

 

大牟田市には公私7つの高校がありますが、その高校を代表するメンバーが一丸となって、高校生による情報発信メディアを創ろうとしています。

開設は秋頃を予定。現時点でも、各学校のホームページ等で情報発信をしていますが、結構埋もれてしまうことがあるんですよね。

 

自分の高校時代のことを考えてみてください。自分の学校のホームページを見る習慣ってありました?きっと、ないですよね。毎日見てたという人は相当マニアックだと思います(笑)

 

自分の高校HPをみないので、他校なんてもっと見ないですよね…

それだと折角の情報が埋もれてしまう。この状況をなんとかできないかということで、市内合同の情報発信メディアをつくろうというわけです。

 

 

みんな真剣な顔つきで会議が始まりました。

 

 

こぷろばいの理念を考える

 

サイト名は「こぷろばい」。

この語源は、COPROからきています。3つのCO【community(地域)、cooperation(協力)、corporation(企業)】と、PROUD【誇り】です。

そこに、大牟田弁の「〜ばい」がくっつき、『こぷろばい』になりました。

 

 

しかし!!

正式に「こぷろばい」に決まった時に、もう一度「3CO」を考えようという意見が!

高校魅力化サイトのコンセプトをしっかりと表現できる新しい「3CO」を全員で考えたい。

 

 

そこで、今回の4th MTGの議題となっています。

 

COPROの3つのCO-が決定!

 

ファシリテーターは高校生。ぼくがやるのは簡単だけど、高校生が主体の事業にしたいので、前回からファシリテーターを交代制にしました。

 

本人たちも、自分たちが決めていることを実感できるので、いい仕組みだなぁと思っています。

 

さあ、どんなCO-がサイトの理念に合致するかを議論。

 

 

ちなみにCO-候補はこちら▼

community(地域)、corporation(企業)、collaboration(協働)、communication(やりとり)、company(会社)、congratulation(祝うこと)、connection(接続)、conversation(会話)、confirm(強める)、continue(進み続ける)、consider(~を思う)、composition(構成、組み立て)、colead(ともに首位にたつ)、contact(触れ合う)、co-manage(共同経営する)、common(あたりまえの)、confidence(信用、信頼)、colorful(カラフルな、生き生きとした)

 

みなさんだったら、この中で3つ選んでくださいって言われたら何を選びますか??

 

よーく考えてみてください。

 

 

はたして、最終的に高校生たちが選んだ3COは・・・

 

 

議論の結果、、

■COMMUNITY(地域)

■COLORFUL(生き生きとして)

■CONTINUE(進み続ける)

 

 

という意味に決定しました!!

 

そして、それらにPROUD(誇り)を持つことで、大牟田を盛り上げていくという方針です!

 

 

 

うん、素敵!!

 

めっちゃいいですね〜!

特にCOLORFULという単語を入れたのは個人的にスキです!

 

 

いろいろなヒトがいるけど、そのヒトの集まりが個人のCOLORをだし、結果として生き生きとしたまちづくりにつながるというのはエクセレント!

 

 

高校生たちの発想に脱帽です…!

 

 

高校魅力化サイトのほかにも、地域協働型プログラムや講演会について話し合って、今回の会議も無事に終了しました。

 

秋にかけて、決めることが多いですが、ひとつひとつ積み上げていきたいと思います!

 

 

 

これからも応援お願いします!



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒。某大手製薬メーカーに営業職として入社。地域医療への貢献、大学病院から全国への医療機関への製品波及に携わる。どん底からのV字復活や、営業成績全国1位など数々の賞を受賞。2017年に新しい生き方を模索するために、福岡県大牟田市の地域おこしに参画。主に「若者×地域×未来」のキャリアを描く仕組みを創るため教育事業プロジェクトを始動し、現在に至る。