やりたいことがわからない、あなたへ。


スポンサーリンク

「やりたいことがわからない」という悩みを持っている人は多いと思います。

しかし、今の時代は普通のことなので、個人的にはそんなに悩まなくていいと思っています。

 

まわりに人で、明確にコレやりたいんだよ!!って語れる人ってあまりいなくないですか??

 

だから、やりたいことがないから自分はダメだ、なんて思わないでください。

 

むしろ、そのフェーズはやりたいことを探す上で、とても大事な時期なんですよね。

 

 

最近の世の中は、「やりたいことをやるべきだ」って押し付けてくる人がいますが、ちょっと制圧的で疲れますよね。

 

「やりたいことがない」こと自体が、ダメなことのような。

 

 

 

全然ダメじゃないですよ。

むしろ、やりたいことが見つかっている人は少数しかいない。

 

 

「やりたいことがわからない」からこそ、まずはやってみる。

これが大きな一歩だと思うのです。

 

 

 

いまの仕事が、自分のやりたいことと重なっていれば、それほど幸せなことはないですよね。

でも、そういう人たちって、本当に昔からやりたいことだったのでしょうか?

 

極論を言ってしまえば、生まれた瞬間からやりたかったことでしょうか?

 

そんなことってありえないですよね。

 

 

 

生きている中で、いろいろなことを知り、体験して、

「あ、これすごく面白いなぁ…!」

という思えたことが、結果的にいまのやりたいことにつながっていると思います。

 

 

だから、だれもが、やりたいことがわからない時期は経験しているはずなんですよ。

 

 

みんな同じ。

 

 

 

 

いまの時代は、

やりたいことがわからない

やりたいことが別にない

 

という若者が増えている印象がありますが、それで腐らないでほしいなぁと思います。

 

だって、それは全然わるいことではないし、むしろその事実を歓迎するべきだから。

 

まさに次のステップに行くための前段階のようなものじゃないですか!

 

 

 

 

一生をかけて、自分のやりたいことを探すことができたら最高ですよね。

そのためには、行動するしかない。

 

 

 

行動?なんかうるせぇなぁって思うでしょ?

 

行動するっていうと、ちょっと面倒だなって思ったりしてません?

 

 

 

自分の中では本当に小さなことでも、それは立派な行動なんですよ。

たとえば、ネットで調べるとか、本を買ってみるとか。

実際にすぐ体験するとかしなくていい。

 

 

身近な出来ることをひとつひとつこなして、

その幅を少しずつ広げていけば。

 

 

もし、「全然つまんない」て思えば、すぐ辞めればいいんじゃないかな。

辞める、辞めないを決めるのは、常に自分ですからね。

 

 

 

だから、気軽に始めて、気軽に辞めてみてください。

 

 

 

このくらいの気持ちでいると、少し楽になると思います。

 

 

 

興味を持ったら、すこし首をつっこんでみる。

その方法は、ネットで調べるでもいいと思う。

 

それを繰り返していると、自分のやりたいことになる、はずです。

 

 

 

この時、気をつけてほしいことがあって、

それは、その時の感情を放置しないこと。

 

 

どういうことかというと、

何かに触れてみて「あ、楽しい!」って思えたのに、

それで終わらせてしまうことです。

 

 

たとえば、

魚釣りに初めて行き、やっとのことで一匹が釣れたとします。

その時、「やっと釣れると楽しい。もっと釣ってみたい」ってなったのに、思っただけで終わらせてしまうこと。

 

これが放置。

 

 

 

楽しいという感情が湧き上がったなら、

もっと楽しくなるように動いてみてください。

 

 

「初心者が魚を釣るためのポイント」とスマホで検索すれば、魚釣りの魅力にふれることができるかもしれません。

 

 

今回は例え話で魚釣りをだしましたが、自分の感情というアンテナに敏感になることは、とても大事だなぁと思います。

 

(ちなみに、ぼくは魚釣りは待つ時間が長いので好きではない笑)

 

 

 

 

ということで、やりたいことがわからなくも安心してください。

とにかく興味を持って、自分のちょっとした変化に敏感になってみてください。

 

 

なんでもヤッてみよ〜



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒。某大手製薬メーカーに営業職として入社。地域医療への貢献、大学病院から全国への医療機関への製品波及に携わる。どん底からのV字復活や、営業成績全国1位など数々の賞を受賞。2017年に新しい生き方を模索するために、福岡県大牟田市の地域おこしに参画。主に「若者×地域×未来」のキャリアを描く仕組みを創るため教育事業プロジェクトを始動し、現在に至る。