副業・複業で稼ぐクセをつかむことで、安定的な生活が得られる。


スポンサーリンク

突然ですが、

みなさん、副業していますか?

 

「忙しすぎて無理」
「会社的に認められていない」

という声が聞こえてきそうですが、最近は国としても副業を推進する流れがきていますので、これから始める方はチャンスかもしれませんね!

 

副業を整理しよう

副業ってどういう風に捉えているのかは個人によって違うと思いますが、字のまま訳すと「サブ」でやる仕事ですよね。

 

本業 ⇔ 副業

 

最近では、大手企業も積極的に副業を推進する組織が増えてきました。

 

生活費の足しになるものであればよくて、時間が空いた時に、WEBライターをやったり、メルカリなどでモノを売ってみたりする。

 

 

本業に収入の他に、プラス1万でもあれば飲み会の足しになり、

少し頑張って月に5万、10万とマネタイズできれば、結構生活の質が変わるんじゃないでしょうか。

 

 

こうやって生活費の足しになるのは助かりますが、副業の大事なことは、本業以外に「稼ぐ」経験をすることだと思います。

 

本業が忙しくて無理?

 

「本業が忙しい」という人は、そもそも副業を試したことがあるのでしょうか?

おそらく、ほとんどの人がないでしょう。

 

いまは忙しいと自分で決めつけているだけで、その副業のための時間を割く努力はしていないんです。

副業を始めようと思うと、一日の中で、あるいは一週間の中で、どこかで時間を割くことを意識する必要がありますよね。

その副業の時間を割いた時、本業の時間を削らないといけない。

 

どうやったら業務を効率化できるかってことを考えることができるので、ワークライフの在り方を考える機会にもなります。

 

まあ、遊ぶ時間があるのだから、「本業が忙しすぎる」というのは言い訳にしかならないのですがw

 

副業禁止だから無理?

こういう人もいるんですが、副業として認められる額、つまり申告しなければならない額がありますから、まずそこまで稼いでから言ってみてはいかかがでしょうか。

稼いでもないのに言うなよと。

 

 

たまに、

「副業始めたら稼ぎすぎちゃう可能性がある」
「本気で稼いでしまえた時がこわい」

っていう人がいますが、そんな簡単に稼げるビジネスは相当少ないので、安心して副業してみればいいかと…(笑)

 

 

もし、予想以上に稼げてしまって困っちゃう人は、その副業の方が本業より向いている可能性があるので、独立することをオススメしますw

 

 

また、もう一つ手段があります。

副業禁止がバレるのが本当にこわいのであれば、パートナー、家族、友達に名義登録してもらって、一緒にあなたがサポートすればいいんじゃないですか?

 

ここらへんはあまりわかりませんので、適当なこと、余計なことは書きません。

自分で調べてみてください。

頭の良い人は何が言いたいのかわかるかと思いますがw

 

 

 

とりあえず、「副業ができない」と思っている人は、やらない理由に当てはめているだけなので、まずは取り掛かってみてはいかかでしょうか!

 

 

これからの時代は、副業ではなく、複業!

世の中で認知されている言葉って”副”業ですので、本業ではないサブ的な意味で使わていますよね。

 

しかし、これからの時代、この考えは古くなります。

 

求められる仕事形態としては、副業ではなく、“複”業です。

 

 

この違いがわかりますか?

 

 

 

複業は、本業とか副業とかそんな境界線はありません。

 

すべてが「本業」であり、それらを複数持っているという意味です。

もうひとつの仕事だけに囚われるのではなく、自分のスキルがあらゆるところで役に立たせる時代。

 

それができれば、収入柱を何本も立てることができ、仮にひとつ倒れてしまっても、生活に大きな支障がなくなります。

また、ひとつ立てればいい。

 

この柱を何本立てることができるかが、本物の安定した生活といえるでしょう。

 

さいごに:リストラ時代に生き残るためには

これからの時代は、副業・複業が認められる社会になり、正社員がいらなくなる時代になります。

なぜなら、別に正社員でなくても、複業として専門家が助けてくれる時代になるから。

 

 

企業にとっても、そっちの方が人件費コストがかからないので、楽なんですよね。

 

これまでの日本の雇用形態って、終身雇用制度や年功序列制度があったので、なかなかクビにできなかった。

しかし、もし副業が解禁となれば、リストラのハードルが一気に下がります。

 

 

「他で稼いでいいと許可だしたんだから、他でどうにかしてくれませんか?」
「正直うちには必要のない人間なんです。さようなら」

 

ということを簡単に言えるし、これからどの業界でも始まることです。

 

副業解禁&AIやロボットの台頭ですよ?

 

企業にとって不要な人間なんてたくさんいるわけですから、リストラの嵐になるのは目に見えているわけです。

 

 

そういう時代になって、実際にリストラされて、「あぁどうしよう人生オワタ」なんて言っている場合じゃない。

いまの段階から他で稼ぐことを経験し、そしてそれを新たな生活の柱とする、つまり複業化する準備をしていなかないといけない。

 

 

だから、いまからでもできる稼ぎ方を学んでいく必要があります。

 

 

 

すべては自分の将来のためにね!

 

 

 

 

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒。某大手製薬メーカーに営業職として入社。地域医療への貢献、大学病院から全国への医療機関への製品波及に携わる。どん底からのV字復活や、営業成績全国1位など数々の賞を受賞。2017年に新しい生き方を模索するために、福岡県大牟田市の地域おこしに参画。主に「若者×地域×未来」のキャリアを描く仕組みを創るため教育事業プロジェクトを始動し、現在に至る。