note(ノート)ブームに乗れば素人でも儲かるのか?


スポンサーリンク

いま、SNS上では、note(ノート)が再ブームですね!

 

この波は、インフルエンサーだけの特権なのか?

素人には関係ないことなのか?

格差社会つらっ!

 

って思っている方はどうぞご覧ください!

 

 

noteとは何か?

noteは、個人のクリエイターが、自分のメディアとしてコンテンツを発表するためのプラットフォームです。note(ノート)のHPより

オープンでインタラクティブなところです。noteは、そこに課金を組み合わせるという新しいチャレンジをしました。文章だけでなく、写真やイラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、無料で見せるだけでなく、販売することもできます。フォロー機能で、ファンとつながることも可能です。note(ノート)のHPより

 

これまでのブログとは違い、無料で公開するだけではなく、課金制を取り入れているのが特徴です。形式としては、1記事毎や毎月の課金制にしたりさまざまですね。

無料公開記事でも、記事の下の方に「サポートをする」ボタンがあるので、気持ちとしてお金を投げることができます。

なんでもかんでも無料公開するのではなく、課金システムがあることで、「見たい人だけが見ることができる」というのが面白いところですね。

 

無料公開すると、炎上しやすいのでその防止にもつながります。

炎上する原因って、届かなくていい人にも届いてしまうから起きてしまうので、求めている人だけが購入して公開というのは理にかなった方法です。

 

 

また、課金システムによってクリエイターとかは、報奨という意味では有り難い。

課金というと、高い金額を思い浮かべるかもしれませんが、100円から選ぶことができます。

 

 

発信側として気軽に始めることができますが、いざお金をいただくとなると、中途半端なコンテンツはあげれないはず。(その定義は曖昧だが…)

情報にお金を払われているわけですから、どうでもいい日記は誰もいらないわけですからねw

 

情報=価値ということを意識しなければならない、という意味ではプロフェッショナルが求められます。

 

いま、note(ノート)が再ブームに!

インフルエンサーを中心に、これでもかってくらい次々に情報が販売されています。

貴重なノウハウを共有してくれているので、大変ありがたいこと。

 

まずは、どんなインフルエンサーがnote(ノート)販売しているか一部を紹介します!

 

ゲスブロガー・あんちゃさん

https://twitter.com/annin_book/status/981472714656432128

 

ゲスブロガー・メディアディレクターとして有名なあんちゃさん(@annin_book)。

おそらく、このnoteの再ブームの火付け人となったのは、あんちゃさんのこの記事がきっかけじゃないかと!

 

instagramに登録してからたった10日でフォロワー1000人って超気になりますよね。

既に1300冊も売れているようで…。

4月4日時点の発売時では980円?(もっと安かったかも)と比較的安価ですが、現在(4月16日時点)では6980円とどんどん高騰しています…!

 

売れすぎですね……

 

本人もガクブルしているそうですw

 

人生逃げ切りサロンオーナー・やまもとりゅうけんさん

やまもとりゅうけんさん(@ryukke)も、あんちゃさんのnoteブームの流れにすぐに乗って販売されています。

あんちゃさんのnoteを購入したことを前提に、プラスアルファの情報を書かれています。

 

あんちゃさんの記事を読んだ人は購入せずにいれないですよね。

続編のようなキャッチコピーがあることで、「この機会は逃したくない!」という行動心理が働くわけですから。

 

人を動かすテクニック、さすがです…

 

仮想通貨ブロガー・イケハヤさん

 

イケハヤさん(@IHayato)も、相変わらずわけわかんないくらい売上を伸ばしていますね。

 

4月だけのnoteの売上は既に550万近くだとか…まだ月半ばなのに…

サラリーマンの平均年収を余裕で超えてしまっています…

以前から副業に関するnote記事を書かれていましたが、この再ブームの流れにのって、さらに売上を伸ばしているようですね。

 

次元が違いすぎる人……w

 

双子ママ・ボンベイさん

https://twitter.com/HUTACHAN_twins/status/983337877676351491

 

ボンベイさん(@HUTACHAN_twinsは、ごく普通の一般人。今となってはインフルエンサー?

双子ママで、子育てに関わる情報を発信しています。

 

世の中の子育てに悩んでいる方をターゲットとしており、まさに求められる情報を発信され、なんと一ヶ月で3000人のフォロワーをゲット…

そのノウハウを早速noteにまとめて販売しています。

 

ぼくも購入しましたが、めちゃくちゃ勉強になりました。

元から影響力のある人の情報って、直接自分事として考えることができない部分があるんですが、ボンベイさんはついこの間まで一般の人。

 

そういった方が、今回のnoteブームに乗り、大きな利益を上げているのは本当に凄いなと思いますし、何より勝手な可能性が湧くんですよね。

 

自分みたいな一般人でも可能性があるんだ!と。

 

 

また、ボンベイさんは、こういう貴重な情報を、ランチに行く値段で手に入れることができたらお得かな?ということで、ランチ価格で値段設定されているんだとか。

 

こういう値段設定の理由を聞くと、「あ、たしかにめっちゃお得だ!」って思いますよね。ランチに一回行く感覚で情報が手に入るなら全然高くない!って思ってしまいますよね。

 

言葉にするって大事だなと再認識しました。

 

 

これからの時代は楽しむ素人が強い

今回紹介したのはほんの一握りにすぎませんが、noteをきっかけに、今までいわゆる「凡人」だった人も、自分の発信によってお金を生み出せるようになりました。

 

幻冬舎の箕輪厚介さん(@minowanowa)は「素人革命」と表現しています。

 

いままで本業でしかお金をつくったことがない人にとっては抵抗のある話だと思います。

 

「自分の情報なんかだれが買うんだ…」

 

たしかに、誰も得しない情報を販売してしまったら、一度買ってくれたとしても、継続的には一生買ってくれないでしょう。

 

しかし、だれかに役に立つ情報であれば、それは価値に変わります。

 

 

たとえば、

「◯◯大学に受かるための日々」

とかは、その大学に志望している人にとっては価値に変わります。

 

一日の勉強スケジュール、参考書、勉強方法などを記録として販売すれば、買う人はいるでしょうね。まさに求めている情報だからこそ人はお金を出してます。

 

別に高額で売る必要はありません。

100円でもいいじゃないですか!その大学に志望している100人が買えば、1万円ですからね。

毎月の定期購読販売にして、月100円で販売して100人に売れば、年間で12万円入ってくるわけです。

 

 

何が言いたいかというと、相手目線で考えれば、価値のつくることはだれでもできるということ。

 

そこには、学生だろうが、会社員だろうが、クリエイターだろうが、高齢者であろうが、

 

何も関係ない。

 

 

求めている人がいれば、そこに対価が発生する。

人が集まれば、ビジネスになる。

 

note × SNS を駆使すれば、それはだれでも始めることができるため、かなり敷居が低くなっています。

 

既得権にあぐらをかいていたクリエイターはつらい。楽しむ素人の方が強い。さらば自称クリエイター! by箕輪厚介氏

 

これからは、だれにでも同じ挑戦権が渡され、それを駆使できる人が生き残る時代になります。

 

 

みんなで楽しむ素人になりましょ!

 

 

さいごに・・・これだけは履き違えないように

一見だれでも利益を出せるようにみえますが、素人とクリエイターの垣根がなくなるということは、偽物はすぐにバレるということです。

 

本物の人しか生き残ることができない、非常に厳しい時代に…!

 

適当な情報を売って、目先の金儲けしか考えられない人は、すぐに見抜かれます。

そして、それは拡散され、一生、自分の評判という形で残ることになる。

 

そのリスクは十分に認識しておいた方がいいですね。

 

有益な情報だからこそ、お金を払う価値があるのは大前提です。

 

単純に情報発信をしたいのであれば、無料ブログから始めてみるのはありですね!

ヒトデさん(@hitodeblog)が作っている【完全初心者のためのブログの始め方】などを参考にしてみてください。

 

 

まずは動き出しましょ〜!

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒。某大手製薬メーカーに営業職として入社。地域医療への貢献、大学病院から全国への医療機関への製品波及に携わる。どん底からのV字復活や、営業成績全国1位など数々の賞を受賞。2017年に新しい生き方を模索するために、福岡県大牟田市の地域おこしに参画。主に「若者×地域×未来」のキャリアを描く仕組みを創るため教育事業プロジェクトを始動し、現在に至る。