英会話は同時通訳ツールを活用するべし。これからの英語のオススメ勉強法とは?


スポンサーリンク

今回は、英語は身につける必要があるのか?というテーマをもとに、これから何を意識するべきかを紹介していきたいと思います。

 

英語は話せなくても大丈夫?

これだけ多様性が認容される世の中になると、英語を話せた方が、より多くのコミュニケーションを図れるようになっています。

逆に言ってしまえば、日本語のみだと、コミュニケーションが制限されます。

 

言うまでもありませんが、日本語を話すのは日本人だけで、世界に70億人もいるのにたった1億人にしか通じない言語。

 

昔のように海外とほとんど関わりを持つことなく生きていければ問題ありませんが、現実問題として、そんな悠長なことは言っていられない時代です。

 

しかし、英語は伝われば、なんだっていい。

片言であろうと、単語を並べる、あるいは身振り手振りなどあらゆる工夫して、最終的に伝わればノープロブレム!

 

 

もちろん、英語が話せればいい事に越したことはないです。

そして、現代では、後述で詳しく紹介していますが、同時通訳の装置が次々と生まれていますのでそれを駆使すればよいのです!

 

最低限、中1レベルの知識があれば、あとはその装置が補助しくれますよ…相当便利な世の中です…!

 

 

英語は使って初めて生かされる

 

はっきり言って、ぼくは英語でのコミュニケーションスキルは高くありません。

受験英語とTOEICとかで勉強したくらいで、“実用的”な英語を学べる環境にいませんでした。

 

会社員の時は、ビジネス英語を学ぼうと、大前研一さんの高額なビジネス英語オンライン塾に通い、ネット上で英語のやり取りをしていましたが、見事に、挫折!(笑)

 

やはり、日常の中で使うようにならないと、言語は覚えることができません。

ビジネス英語を学んでいた時も、仕事で英語を使う機会はありませんでしたので、いくらビジネス英語を覚えたとしても、それを生かすことができませんでした。

 

言語というのは使わないと身につかない。

現状として、実践的な英語を使う機会がある人は、日本で数パーセントの人だけでしょう。

 

大多数の人が英語に触れることがなく、英語に対する恐怖心を抱いていてしまう。

でも、逆にその恐怖心さえ取り除くことができれば、怖いものはありません。

 

そして、それを実現できる技術がたくさん生まれています。

次の章を読めば、英語であろうと中国であろうとこわいものはなくなります。

 

 

夢の同時通訳ツールとは?

 

英語を流暢に話せる必要があるかといえば、いまのIT技術の進歩のおかげで、その必要性も薄れてきています。

昔の人からしてみれば、ドラえもんの世界でしかありえなかった夢のような同時通訳装置で、「ili(イリー)」というものがありますね。

ili(イリー)の公式ページはこちらです▼

 

結構認知度が上がっていますが、知らない方のために簡単に紹介します。

 

これは、この装置に日本語で話すだけで、外国語に同時通訳してくれると夢の装置!

現時点では、英語、中国語、韓国語の3言語のみとなっていますが、この装置に向かって日本語を話しかけると、設定した言語に同時通訳してくれます。

その早さ、なんと0.2秒

 

こういった部類の装置ってWiFi接続がないと機能しませんが、WiFiが不要な点はとても便利です。

 

海外に行く機会が多ければ、ili(イリー)19,800円(税抜)とそんなに高くないので購入するのもいいですね!

たまに海外に行く程度の人であれば、グローバルWiFiとセットでレンタルすると、ili(イリー)1日500円でレンタル利用できるので、利用してみる価値ありですね。

 

グローバルWiFiとセットですので、レンタル手続きをしていくと、オプションでili(イリー)を選べるようになっています。

 

ili(イリー)の場合は、一方向のみのコミュニケーションとなっていますが、近い将来、双方向のやり取りが同時通訳することになるでしょう。

 

スマホの無料アプリで同時通訳!

また、スマホの無料アプリでも十分対応ができてしまいます。

ぼくが実際に使っているのはMicrosoftが提供している「Translator(トランスレーター)」というアプリ。

これは人工知能を使った翻訳アプリで、言語はなんと60言語以上対応しています。ほぼ同時翻訳に近いですし、比較的くだけた日本語でも翻訳してくれるので、とても使いやすいです。

通訳を始め、もちろん翻訳もしてくれますし、短文であれば双方向のやり取りが可能というかなり優れたアプリ。。ぜひ「Translator(トランスレーター)」を試してみてください。

 

詳細はこちらのサイトでわかりやすく解説があります。
▶ 人工知能を活用した「Microsoft Translator」。翻訳はもちろん文字起こしにも?

 

これがあれば、外国でのやり取りは問題なくできてしまいます。

会話は今後必ずしも覚える必要はない、そんな日も近いと思います。

 

今からでも遅くない。社会人だからこそ勉強を!ー【Asteria】Z会のオンライン学習

近年では、英語が話せなくてもそれを補助してくれるツールが増えています。

いまは「補助的」ですが、近い将来、日常の会話が全て「代替」してくれるツールも出てくるでしょうね。

必ずしも英語は話せなくてもいいかもしません。

 

ただ、現時点でいうならば、それに頼りすぎるのはまだ早いです。

これらのツールはあくまで「補助的」なものなので、英語の勉強はした方がいいと思います。

 

 

別に高校レベルの難解な文法や構文を覚えろというわけではなく、基本をしっかり定着させましょう。

中学校レベルの英語を完璧に使えるようになれば、日常で使えるレベルに持っていくのは難しくありません。

 

そして、次のステップにいきたい方にオススメなのが、英語オンライン講座です。

特に、【Asteria】Z会のオンライン学習

Z会ってご存知ですよね?東大合格率がオンライン塾業界NO.1であるあのZ会です。

受験生のみならず、社会人向けに【Asteria(アステリア)】というサービスを展開しています。

 

 

ぼくが以前受講していたオンラインサービスは卒論とか結構ガチなプログラムが組まれていて、仕事との両立が時間的に厳しかったんですよね…このために3時間睡眠とかしていましたw,

 

でも、この【Asteria】Z会のオンライン学習は忙しい会社員にも考慮されたプログラムとなっています。

 

忙しい社会人のためのオンライン英語講座Z会Asteriaはオンラインタブレット講義形式なので、スキマ時間を使って勉強することができるのはメリットが大きいですね。

だらだらと飲み会に行くよりも、月に1回の飲み会を我慢して、英語の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

英語は同時翻訳ツールの登場によって完璧に話せる必要はありませんが、学びの姿勢はとても重要です。

ぜひこの機会にサービス内容だけでも見てみてください。

 

 

英語は積み重ねですからね。

こういう学習ツールで勉強し、そして実践することが大切です。

 

DMM英会話1レッスン150円〜なので、ネット環境さえあればすぐに外人と話すことができますよ。

今なら25分の無料レッスン2回も受けれますからね!

2回ってすごいですよね!ぜひこの機会にお試しください。

 

 

便利すぎる世の中ですが、活用しないと宝の持ち腐れですな…

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒。某大手製薬メーカーに営業職として入社。地域医療への貢献、大学病院から全国への医療機関への製品波及に携わる。どん底からのV字復活や、営業成績全国1位など数々の賞を受賞。2017年に新しい生き方を模索するために、福岡県大牟田市の地域おこしに参画。主に「若者×地域×未来」のキャリアを描く仕組みを創るため教育事業プロジェクトを始動し、現在に至る。