親への感謝の気持ちは忘れず、自分の道を進んでいく。


スポンサーリンク

少しばかり間隔が空いてしまいました。

ここ最近は、仕事ではなく、プライベートの方でバタバタでしたよ。平常運転に戻していきます!

 

で、今回の件を通して、「親」について考えましたので記録に残しておきます。

 

親と就職はかけ離れろ

以前の記事の中でも、人生設計は自分自身の考えで行っていくべきだとお伝えしました。

たとえば、これ。

親に決められた会社に行く学生が多すぎる件

 

就職先を親に決められるということは、ドラマの世界だけかと思っていましたが、地域の進路事情を聞くと、結構これは結構ある話のようですね。

親が合同説明会に行ってパンフレットをもらってきたりとか、最終的には親のGOサインがないと、内定を承諾できないとか。。

 

こういうケースに関しては、上記の記事に書いてある通り、自分の人生なんだからそんなに自分で決めろよ!っていう感じです(笑)

 

自分の子供は社会経験が少ないから少しでもヒントになるようなことを親がアドバイスをするべきだ、なんていうのは正直ズレているなと感じます。

親世代でさえ、今後の世の中がどういう方向にいくかはわからない。どこの企業が潰れ、生き残るのか、いつリストラが始めるのか、何歳まで勤められるのかは全く未知の世界です。

 

そういう不確定な時代だからこそ、就職するにしろ、起業するにしろ、どっか行くにしろ、自分で考えて行動した方が面白い人生が送れるはず。

 

別に会社が潰れようが、リストラされようが死ぬわけじゃないし、生きていく道なんて腐るほどあるんだから、だったら自分の感性で人生設計をした方がいいと思いますね。

 

 

親には感謝し続ける

少し話が変わって、強烈な思想を持っている成功者の書物を読んでいると、「親とは連絡とってない」みたいなことを自慢げに話しているものがあります。

その理由は、親と関わらなければ自分のやりたいことに口出しされることもないので、それが最も合理的だと。

 

大抵の人は「極端だな」でスルーできるんですが、中にはそれが「すごい!そゆことか!合理的すぎる!」と思い込み、親との距離を遠ざける若者がいるみたいなんです。割とリアルに。実際にそれを言う学生に会ったことがあって衝撃でしたw

 

親子の関係っていろいろあると思うので、一概にこうするべきだということは言えないと思いますが、ぼくとしての考えは親との関係は大切するべきだし、「親孝行」はしすぎて後悔はないということです。

ぼくは親にお世話になりまくりなので、親孝行してもしても返せないほどなのですが(笑)、親が生きている間はできるだけ親が喜ぶことはしたいなぁと思っています。

これは、決して結局「親の人生」を生きいるわけではありません。

 

自分がそうしたいって思っているので、「自分の人生」を生きています。

 

 

何をするにも、「自分がどうしたいか」の軸はぶらさないことが大切ですね。

 

 

ぼくも良き父親になれるようがんばります。



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒。某大手製薬メーカーに営業職として入社。地域医療への貢献、大学病院から全国への医療機関への製品波及に携わる。どん底からのV字復活や、営業成績全国1位など数々の賞を受賞。2017年に新しい生き方を模索するために、福岡県大牟田市の地域おこしに参画。主に「若者×地域×未来」のキャリアを描く仕組みを創るため教育事業プロジェクトを始動し、現在に至る。