他人から言わされたコミットメントで、自分を見失っていませんか?


スポンサーリンク

パブリックコミットメント(公の約束)は、何か物事を成し遂げる時に強力な力を発揮するので、この原理を使って企業は発言者を追い込むことができます。

このパブリックコメントに関しては、前回の記事で、今年の抱負と関連付けて紹介しています。

自分の言葉が、いかに自分に対してプレッシャーをかけているか…。そして、その原理を使って、人をコントロールすることができます。こうしたことは、会社のような組織で使われるケースが多いですね。

 

今年の抱負を語る人は、目標を達成できる可能性が高い!

 

自分が本気で「やりたい!」「できる!」と思っていれば問題はないですが、人から言わされた言葉ほど恐いことはありません。自分は思っていないのに、上司に言えと言われたから発表した、というのは最悪です。

 

例えば、

 

「君は達成したくないのかね?」

「もちろん、達成したいです!」

 

 

これで、立派なコミットメントの完成です。

こういう経験、ありますよね?w

 

今回は、企業研修の罠について紹介しましょう。

 

研修会は気を付けろ

企業での研修会は気をつけてください。大勢が一つの場に集められて、みんなの前で抱負を言わされるアレです。

目標が高すぎて絶対に無理だと自分では思っていても、上司から言わされる、周りが言っているから自分も言わざるを得ない、その場しのぎだと思って適当なことを言っても、後から追求されるのはあなたです。

 

 

 

本人「絶対に今期は進捗100%やり遂げます!!(絶対無理。涙)」

 

 

 

 

 

上司「お前、あの時言ったよな?」

 

 

この発言した事実が残ってしまうと、厄介なんですよね自分の言ったことをやり遂げようとしても明らかにオーバーワークだし、それができないと「口だけのやつ」と思われてしまう。人は、こういうネガティブな印象を与えることを避けようとします。良いように見られたいんですね。だから、言った以上やり遂げたいという心理が働くわけですね。

 

別に口だけの奴でいい!と思える人は強い人です。言わされた言葉なんて、自分の言葉じゃないと割り切れるのであれば、メンタルがやられることもないでしょう。その場の空気で言わないといけないこともあるでしょうから、それはそれで割り切って、マイペースで仕事を進めていけばいいですね。

 

本当にそれ、自分の言葉?

心配なタイプが、あまりにも自分の発言に責任を持ち続けてしまうこと。

できもしないことを言わされ、なんで自分はできないんだと責め、挙げ句の果てには、周りの人にも責められるわけですからね…。結構こういう人は多いですよ…最近は学生とか新卒の人と話すことがありますが、完全にこの悪循環にハマっている人が多すぎます。

 

毎日、企業理念の唱和とかさせているところもありますが、あれも一種のコミットメントですからね。他人から与えられた文章を読み上げるだけでも、無意識のうちに人は一貫性を保とうとします。そして、読み上げた言葉でさえも、相手からすると「本人の意思」と無意識的に思わせてしまう。

企業もただなんとなく唱和とかくだらないことをやっているわけでなく、徐々に人を動かす(誘導する?)ことをしているわけです。新人研修なんて、洗脳と変わらないかもしれません。

 

この洗脳を解くためには、「自分の発言は正しい本当なのか?」一度立ち止まってみることが大切です。

ただ言われたままで済ませるのではなく、自身の真意はどこにあるのか常に追求する癖付けができているどうか。そうでないと、他人の言葉で固められてしまいますよ。

 

環境を変えましょう

無意識のうちにコミットメントをさせられすぎて、気づいた時には追い込まれていることもあるでしょう。

「あれは自分の言葉ではありませんでした」なんて言ったらもっと信頼を失くすでしょうし、そもそもそんな自尊心を傷つけるような発言をする人はほとんどいないでしょうね。。

 

ということは、常に追い込まれた状況で働き続かないといけないのか…

 

 

そんな風に不安になっているのなら、その心配はありません。

 

 

 

大丈夫。

 

 

 

無理して今の職場を続けることで、どんどん自分の首が締まり、息苦しくなりそうだと感じるのであれば、あなたには「環境を変える」という選択肢があります。

この機会に企業研究をするだけでもいいので、リクナビジョブ20’sSwitchに登録して自分の新しいスタート地点を探してみましょう。

登録しているだけで、自分の知らない仕事を知る機会になるので、暇つぶしにオススメですよw

たまに、「おっ!これは!!」という仕事に巡り合えたりします。専門的なことであれば、現状よりも良い環境のところを見つけることができるかもしれませんね。

 

だれにでも無理をしてしまうことはあります。特に新卒入社だと、ただただ上司に言われたまま過ごしてきて、気づいた時には、他人から言わされたコミットメントで固められていることもあります。

 

でも、あなたがこれまで培ってきたスキルがあれば、それを他で活かせばいいんです。

 

自分が、より活躍できるフィールドを見つけることができます。

 

今がその時です。そして、今度は自分の言葉でコミットメントを固めていきましょう。それが、あなたの武器となり、自分を強くすることができます。

 

自分の力で人生の再スタートです。

 

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒。某大手製薬メーカーに営業職として入社。地域医療への貢献、大学病院から全国への医療機関への製品波及に携わる。どん底からのV字復活や、営業成績全国1位など数々の賞を受賞。2017年に新しい生き方を模索するために、福岡県大牟田市の地域おこしに参画。主に「若者×地域×未来」のキャリアを描く仕組みを創るため教育事業プロジェクトを始動し、現在に至る。