今年の抱負を語る人は、目標を達成できる可能性が高い!


スポンサーリンク

2018年もよろしくお願い致します!!

さて、今年はどんな年にするか?ということで、SNS等でも宣言している人がたくさんいますね。そんなの興味ねぇよ!って思う方もいるかもしれませんが、この行為ははとても意義のあることなので、侮らない方がいいです。むしろ、積極的に発表することをオススメします!

 

今年の抱負を語る意義は大きい!

SNSなどのオープンの場で、目標を発表するということは生半可な気持ちではできないはず。だって、不特定多数の人が見ていて、且つ知り合いが何人も見ていたら適当なことなんて言えないでしょう?

人は無意識ながらにして、「一貫性を保ちたい」という欲望があります。コロコロ考えが変わる人のことを「あいつは自分を持っていないからダメだ」なんていう場面に遭遇したことはないでしょうか?

「一貫性を保つこと=あるべき姿」という固定概念がそうさせているので、できるだけそういう人でありたい、自分で言ったことは突き通したい、という衝動が生じるわけです。

ですので、SNSのような公の場で、今年の目標を発表するということは、その人は本気で思っているし、逃げ場を失くすように仕向けているのです。

 

自分で自分を追い込もう!

これは、強力なチカラを発揮します!

 

「パブリック・コミットメント(公の約束)」といわれる手法ですが、自分で思っているだけではなく、周りの人と目標を共有することで、常に見られることになりますからね。

パブリックコミットメントとは
公性のある発言。その発言・宣言には自己拘束力(束縛力)がある。自分の意志から発言したこと、自分の意志で宣言したと思い込んでいること、それには一貫性の原理というものがあり、宣言したことがウソにならないよう保とうとする。by Hatena Keyword

 

ノリで言ってしまった言葉でさえも、周りの人はその目標に向かって何かしら行動していると思い込んでいるわけです。ですので、簡単に挫折などできません。その代わり、その目標を達成するために無我夢中に頑張ることができるでしょう!

これは何より自分を守るためです。自分の言動を実行することで、他人から認められたい、あるいは見下げられたくないから。だから、公言することに意味があるんですね。

 

まだ宣言していない方は、だれかに宣言してみましょう!SNSで発表する必要はまったくありません。大切な一人に宣言するだけでも、立派なコミットメントにつながります。そういう宣言をしておくと、何かあったときに、だれかが助けてくれる可能性も高まりますからね。

 

あんたはどうなんだよ

 

え?ぼく?

 

 

 

偉そうなこと言ってるぼくですか?

 

 

 

 

 

ぼ、ぼくは…

 

 

 

 

 

 

 

起業したい

 

 

 

ちっちゃ!!!

 

 

 

頑張ります!!

 

 

一貫性の原理とコミットメントについてわかりやすく書いてある記事を下記に貼りますのでご参照ください!(^ ^)

一貫性の原理とコミットメントとは?約束を守りたくなる心理と使い方

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒。某大手製薬メーカーに営業職として入社。地域医療への貢献、大学病院から全国への医療機関への製品波及に携わる。どん底からのV字復活や、営業成績全国1位など数々の賞を受賞。2017年に新しい生き方を模索するために、福岡県大牟田市の地域おこしに参画。主に「若者×地域×未来」のキャリアを描く仕組みを創るため教育事業プロジェクトを始動し、現在に至る。