忘年会に参加するたびに時間が奪われていることは認識した方がいい。


スポンサーリンク

こんにちは、とびりゅう(@tobyavas)です。

 

今年も早いもので師走ですね。1年前何をしていたか振り返ってみたんですが、衝撃的な事実を発見。なんと去年は忘年会が16回も入っていましたwこれでも結構断っていたんですがね…。

仕事でダブルブッキングすることもあったので、土日も含めて飲み会に行っていました。社内飲み会は極力行かないようにしていましたが、得意先の忘年会となれば仕事なので簡単に断るわけにもいきません。

今思うと、そう思い込んでいただけかもと反省。。

 

家に帰る時間は遅いので、急いでシャワーを浴びて、寝て、起きて、仕事に行くという繰り返しの日々を送っていました。その時は思考停止状態だったなー。「仕事だし仕方ない」と自分を騙していた部分もあったと思います。

 

 

今年は忘年会はどのくらいあるのか?

 

 

結論から言うと、

 

 

 

 

 

ゼロですwww

 

 

 

(友達いねぇだけだろ!)

 

 

 

去年の今頃が本当に嘘のようです。今の職場の人たちが飲んでいるのかどうかは知りません。ぼくは定時にバッチリ帰り、家族との時間を過ごし、いつも同じペースで本読んだり、勉強しています。

この誰にも邪魔されない自分だけの時間は本当に大切だとしみじみ感じています。

 

去年のように、12月だけで16回も飲み会があるということは、余裕で50時間以上、下手したらもっとですね。他人のために時間を割いていることになります。

怒涛の12月が終わったと思えば、新年会シーズン、落ち着いたと思ったら、送別会、そして歓迎会…エンドレス……。

 

年間にして何百時間くらい飲み会に使っていたのだろうと思うとゾッとします。。。

 

飲み自体はぼくは好きなので、それ自体を否定するつもりは全くありませんが、一度冷静に考えることは必要です。本当に行く必要があるのか、行かなかったらその時間で一体何ができるのか…

飲み会を取捨選択していないと、常に搾取されて終わりです。飲み会に行かないことで付き合いが保たれないと思っているかもしれませんが、付き合いが保たれるとどういうメリットがあるのか考えたことはありますか?これを機に関係を切ってもいいケースもありそうですw

 

さて、ぼくは家で美味しい日本酒を飲みながら勉強します。

 

コスパ最高なのでおすすめ‼︎

 

 

過去にこんな記事も書いていますね〜

飲み会もほどほどにね〜

 

飲みた〜い

なんとなく飲みにいく人達の共通点。人生無駄にしてますよ?

 

ちゃお縛りもそろそろ止めようと企んでいるとびりゅうでしたw



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒。某大手製薬メーカーに営業職として入社。地域医療への貢献、大学病院から全国への医療機関への製品波及に携わる。どん底からのV字復活や、営業成績全国1位など数々の賞を受賞。2017年に新しい生き方を模索するために、福岡県大牟田市の地域おこしに参画。主に「若者×地域×未来」のキャリアを描く仕組みを創るため教育事業プロジェクトを始動し、現在に至る。