モチベーションマネジメントできていますか?


スポンサーリンク

こんにちは、とびりゅう(@tobyavas)です。

 

今回は、前置きみたいな内容です

サラリーマンを辞めてから、なぜかがむしゃらに自己研鑽していますが、今回また一つ新しい資格試験を受けてきました。

 

それは、、

 

 

 

公認モチベーション・マネジャー資格試験!

 

 

モチベーションに関する知識はもっと前から知っておくべきだったな〜ってくらい勉強になりました。

 

公認モチベーション・マネジャー資格とは?

理論と実践が融合した新しい資格

「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として経済産業省が定めた「社会人基礎力」において、主体性(物事に進んで取り組む力)、働きかけ力(他人に働きかけ巻き込む力)、実行力(目的を設定し確実に行動する力)という「前に踏み出す力」や「チームで働く力」が求められており、まさに社会からは「自分や他者のモチベーションをマネジメントする力」が求められていると言えます。
 しかしながら、これまでモチベーションをマネジメントする力を的確に表す指標はありませんでした。そこで新しいビジネス系資格として誕生するのが、理論と実践が融合した「公認モチベーション・マネジャー」資格です。

モチベーション・マネジメント協会HPより

 

仕事をする中で、モチベーションのコントロールは極めて重要です。そうであるにも関わらず、学校教育でモチベーションについて学ぶ機会がほとんどありません。大半の人が「感覚的」にコントロールしていると思いますが、この理論を体系的に学べば、より高い成果を生み出せると思いませんか?

ぼくも、会社員時代は約7年間にわたって営業をしてきましたが、その間のモチベーションの変動は激しかったですね…。セルフマネジメントができれば、もっともっと高い成果を上げることができたかもしれません。

当時は、「なんとなくそういう気分だ」「ちょっと疲れているから」「プレイベートでいろいろあってね」と、その原因を深く追求することをしていなかった、いや、正確に表現すると、その追求の仕方を“知らなかった”ので、感覚的な対応しかできませんでした。

 

それを理論と実践の側面から勉強し、将来の自分のビジネスにつなげたいと思っています。そして、ただ勉強して自己満足するだけではなく、折角こういった資格があるのであれば、その取得に向かって勉強した方がやる気が上がりますよね。まさに、モチベーション。

勉強し始めると調子に乗って、こんなことをつぶやきだします。

 

うん、いい感じに洗脳されていますねw

とりあえず、今は取得に向けて猛勉強中です。そのテストが12月9日に終わりますので、また改めて所感をまとめますね!

 

応援してね!
ちゃお!

 

営業職だからこそ、自信を持って取得すべき「 検定 」とは?



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒。某大手製薬メーカーに営業職として入社。地域医療への貢献、大学病院から全国への医療機関への製品波及に携わる。どん底からのV字復活や、営業成績全国1位など数々の賞を受賞。2017年に新しい生き方を模索するために、福岡県大牟田市の地域おこしに参画。主に「若者×地域×未来」のキャリアを描く仕組みを創るため教育事業プロジェクトを始動し、現在に至る。