【大牟田グルメ】 高専ダゴ というお好み焼き、知らなきゃ損!


スポンサーリンク

 

こんにちは、とびりゅう(@tobyavas)です。

 

本日は東京出張ということで、飛行機にて快適な旅を満喫しています。もちろん、仕事がメインのはず。あー夜の飲みが楽しみっ!

 

昨日は、福岡では超有名人の「なかじー」こと中島浩二さんにお会いする機会がありました。正直、東京にいる時は全く知らなかったんですが、福岡に引っ越ししてから毎日のようにTVに出ている方です。わー芸能人。ちゃっかりサインまでもらっちゃいました\(^o^)/

 

 

大牟田に取材にくるということで、急遽取材のお手伝いということで出動しました。地域おこし協力隊の仕事はどうやら多岐にわたるようです。

 

 

グルメ番組で、大牟田の「高専ダゴ」のお店の取材でした。高専ダゴって聞いたことありますか?福岡の人でも知らない人が大半だと思います(笑)

 

さて、今回は大牟田名物について話しちゃうよー。

 

 

高専ダゴとは?

 

高専ダゴとは、大牟田では「お好み焼き」ことを指します。

 

 

大牟田では、高専ダゴは知らない人は皆無です。昔から地域に親しみのあるグルメ!今回、取材をした「天下無双高専ダゴ 新みつや」さんからの抜粋で紹介致します。

高専ダゴHP

 

縦30cm×横50cmですよ!めっちゃでかい!

そんな大きさ必要ある?と思った方、答えはこちら↓

実物がこれだ!

どーーーーーーーーん

 

このメニューは、「スペシャル 3人前」でなんと値段は1680円です!いや〜中高生の若い人にはなんとも嬉しい大きさ!しかもこの値段!コスパよすぎです。まだまだ若いと思っていたぼくでも、これを3人で食べるのは厳しいですねw家族5人で食べれば、単価約350円くらいですからね。まじで半端ない!パネェ!

 

 

高専ダゴ の肝心の味はどうなのよぉ?

 

 

味はというと、

 

 

 

ぎゃんうまか!

 

 

 

ですよ!「ぎゃん」とは、大牟田の方言で「すごく」という意味で、表現の中では最上級だそうです。周りのみなさんは「ぎゃんうまかばい〜」って言って嗜んでいますw

 

 

 

 

 

もうまじでぎゃんぎゃんぎゃーーんでぇーーす!

(使い方間違えています、すみません)

 

 

 

いやでも、これは相当うまい!もっちもち!特徴としては、焼きそばが入っていて、ボリューミーです。東京だと、小さいお好み焼きでも800〜1000円ちょっとしますよね。食べればコスパに良さに圧倒されることでしょう。ぜひ大牟田に来た際は、召し上がれ!

 

ちなみに、TBSのモニタリングでも紹介されていました。お笑い芸人の「オードリー」が高専ダゴでイベントしています。こちらのイベントは、観光おもてなし課の地域おこし協力隊が企画しています。

【参考記事】TBS「モニタリング」地域おこし企画でオードリー!

 

ちなみに、この名物メニューの他にも、個人的には、「にんにくやきそば」が絶品です!もちもちのやきそばと、大量のにんにく。美味くないわけがない。そこにビールとコラボ。くぅ!!!

 

 

や、や、や、やはり、、、、

 

 

 

 

 

ぎゃんうまかばい!!

 

 

この取材は、全国ネットで9月26日(火)9:00〜から、「スッキリ!」で放送されます。ぜひ時間があれば見てください!高専ダゴの魅力をばっちりなかじーさんがリポートしています!めっちゃテンション高めでした。さすがリポーターのプロ!ぼくは後ろの方で、お客さんとして食べてますw

 

 

地域おこし協力隊ってそんな仕事してんの?

 

あんた仕事なんなのよぉ?って感じですが、ぼくの主な任務は「移住コンシェルジュ」として、大牟田に移住定住を検討されている方の相談役です。今回の仕事は、直接それに関わらないかもしれませんが、これも大切な仕事です。

 

移住相談に乗るのに、大牟田の魅力を知らないとダメですもんね!まちの魅力を伝えるひとつとして、グルメの情報ってすごく重要なポイントです。一見関係なさそうなことでも、大牟田を発信する上では知っておかないといけないのです!

 

ということで、しっかりと高専ダゴを美味しくいただきましたw今回は3人で食べたんですが、さすがにあの大きさは食べきれなかったので、パックにいれてお持ち帰りしました。写真撮るの忘れたー。

 

 

徐々にグルメ情報も発信していきます。

 

 

 

 

ちゃおー!



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1988年生まれ。2011年慶應義塾大学総合政策学部卒。某大手製薬メーカーに営業職として入社。地域医療への貢献、大学病院から全国への医療機関への製品波及に携わる。どん底からのV字復活や、営業成績全国1位など数々の賞を受賞。2017年に新しい生き方を模索するために、福岡県大牟田市の地域おこしに参画。主に「若者×地域×未来」のキャリアを描く仕組みを創るため教育事業プロジェクトを始動し、現在に至る。