定年まで働く?終身雇用制度は崩壊しているので、若者は危機感を持て。


スポンサーリンク

こんにちは、とびりゅう(@tobyavas)です。

突然ですが、みなさんは定年まで働く覚悟ができていますか?

今回はこれからの終身雇用制度について考えていきます。

定年を迎えるとどうなるか?

ぼくが就活した頃は定年って60歳だと思っていましたが最近では国としても65歳を推奨しているようですね。将来は70歳になるともいわれています。

あるベテランの方が65歳まで延長しました。延長表明をして、60歳になると一度退職させられ、派遣社員として再度会社に配属させられる仕組みとなっています。

 

正社員から派遣社員に切り替わる。

 

 

どういうことかわかりますか?

 

派遣社員ですから正社員と同じ年収が貰えるわけないですよね。

どのくらい下がるか?

 

 

 

衝撃ですよ。

なんと、

年収は60〜70%減少…!

 

 

驚きですよね。まさに衝撃!

 

高所得レンジということもありますが、上であればあるほどその差は激しくなります。

 

 

「なんでそんなに年収が低くなるのに延長するんですか?仕事の量も変わらないし、これまでと同じように働いているのに、年収が三分の一になってしまってはモチベーションは下がらないですか?」

 

まあ、ある程度返答の予想はできていましたが、

 

 

「うん、まあ、働くの辞めてもヒマになるだけしね。

 

 

 

 

 

まあ、気持ちもわからなくないですが、なんとなくさみしいですよね。年収が三分の一になり、それでも「ヒマになるから」という理由で延長する…

 

ベテラン世代にとって終身雇用は素晴らしい制度だった。今の若者は…?

でも、ある意味これは仕方がないのかもしれません。

終身雇用制度は、働きだしてから定年までは面倒をみますよということ。

 

普通に仕事場にいっていれば、その間の生活は保証されていたわけです。

別に自分で何かを起こそうと思わなくても、会社に頼っていればそれでよかった。特に、安定とされている大企業に勤めることができれば、自分も、そして周りの人も安心できたわけです。

 

そもそも自分で何か起こそうと思っても、大半の企業が副業ができない縛りがあるので、何かを起こす必要がなかった。あまりやるメリットがないじゃないですか。バレたら会社をクビになるかもしれないし、成功したとしても、収益化することが難しい。

だったら、企業戦士として全うした方が断然合理的でした。

 

 

 

その結果、既に自分で考えることができず思考停止状態を作り出す。

 

これからの若者に終身雇用なんてない

 

はっきり言えることは、いまの若者に終身雇用は当てはまりません。

これからあらゆる業界で再編が起き、雇用は不安定な状況になります。

 

別に正社員で雇う必要がなくなりつつあります。その時のプロジェクトに必要な人間を、一時的に雇用した方が、コスパが良く、既にそういう雇用形態の会社もあります。

 

現時点でも定年上限があがってきていますが、今後70歳まで引き上げられ、将来的になる75歳になる可能性が秘めています。

 

20代、30代の若者たち。

今からあと45年も一緒の会社にいるんですか?

 

 

まじ?

 

 

 

 

無理です。

 

 

 

 

周りの同期とたまに話すと普通に定年までいる気満々なヒトが多い。

 

 

まじかよ、こいつらいや、目がガチだわ。。。

自分で道を切り開くことができないヒトは結局、蟻と一緒です。

 

この言葉は福沢諭吉が放った言葉です。

 

労働という搾取にあっていることを今すぐ気づいた方がいい。

 

 

 

周りにこんなヒトはいないですか?

 

一刻も早くそういう人たち離れましょう。
無意識のうちに自分のその人たちに染まっていきますよ。

 

 

現状を変えるのであれば、いまこの瞬間から動き出さなければなりません。いずれ困るのは自分ですからね。

 

 

自分の胸にそっと手をあてて考えてみてください。

 

 

このままでいいのかと。

 

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です